球速アップで勝つ!速球の投げ方練習法

腕をしならせるコツ

あなたは、速いボールを投げようとするとき、
「腕をしならせろ」
という言葉を意識したことはありませんか?

でもこの言葉を意識しすぎると、
どうしても不自然なピッチング動作になります。

しかし、実際は人間の体は非常に硬いもの。

トップの位置(振り上げた状態)から自然に腰を入れてピッチングできれば、
自然と腕はしなるようになっているのです。

自分で意識して「しならせよう」とする必要はありません。

自然に腕をしならせる方法はとてもシンプルなもの。

それは、

「しならせようとしないこと」

何か逆のことを書いていますが、
しならせようとすればするほど、
しなりません。

そこに意識を向けてはいけないんです。

むしろ腰を入れてピッチングするということに
意識を向けるべきなんです。

これって本当にわかる人が少ないんです。

なぜなら指導者の方が、
腕をしならせろと強く言うケースがあるからです。

教わった本人は腕に意識がいきますので、
ますます速い球がなげられないという悪循環に陥ります。

速い球を投げたければ、
腕をしならせることを意識しない。

このことを念頭においてピッチングしてみて下さい!

«  腕をしならせるコツ 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする